三軒茶屋の富士山

e0077011_235466.jpg
 

今日は旧友の娘が脚本を書いた「宵月」というお芝居を三件茶屋に見に行った。
なかなか良いストーリーで、これを20歳の女の子?
(どうも友達の娘はいつも娘なもんで…) 
が書いたと思うと自分の20才の頃と比較して、、、大部違う。

終わった後旧友はそっと涙をぬぐっていた。
自分の娘の心をこういう形で理解できるという事は素晴らしいだろうな〜。

その帰りに東急の上にあるラウンジに行きお茶を飲む。
夕暮れの富士山を見ながら・・・

いろいろあるけれど私は案外恵まれている・・・と秘かに思う1日でした。
[PR]
by tong22 | 2006-10-08 23:14 | life
<< もらわれていった子達 私は受験生? >>