<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年最後の日記です。

さてさてもう31日の時間をきりました
どんな1年…?
そういわれてもすぐには思い浮かびませんが、、
チャレンジする意味がわかった事かなぁ

私は今頃いろんな勉強しているの

意識の進歩がのろいから
でも、それはそれで私だからね
人まね小僧の人生はないよ

落ち込む時もあるけれど
可能性やたくさんの希望を持つ事もできている
他人はそれを【妄想】と呼ぶかも…?ですが。

拙いブログを読んでくださりありがとうございました。
e0077011_0152519.jpg

[PR]
by tong22 | 2006-12-31 00:16 | life

年末? 



年末という気がしない毎日
いろいろ時間があっという間にすぎていく
外は大雨
気分転換に外へ,と思ってもね
でも目標がある毎日はいい
これで身体も元気で脳も疲れない体質なら
…もっといいな…
e0077011_024767.jpg

[PR]
by tong22 | 2006-12-27 00:24 | life

誕生日おめでと、私。

今日は何故か一日中でていた。
それで今夜は先ほど帰ってきたばかり…
(仕事の打ち合わせです。)
個性的なS嬢と打ち合わせの帰りにお好み焼き。

そしてS嬢がどういう人であるか聞いた。
彼女はバレー歴が長いので身体の話でもりあがる。
最近身体系の人とよく遭遇するなー。
でもやっぱり私には謎の多い美人編集者である。


家に帰りお風呂に入りお茶等飲みながら
ア,誕生日が終わっちゃう…
happy birthday to me ♪
と,言う訳でこれからビデオにとっておいた「in my country]
を見ようと思う。誕生日のお祝いに・・
この映画の感想は又後日。
e0077011_1191929.jpg


【後日の感想】
この映画はアパルトヘイトで どんな事が村人に行われたか…
という事追うNY から来た黒人記者のサミエル・ジャクソン
そして南アフリカで育った作家の白人女性ジュリエット・ビノシュの大人の恋愛。

アパルトヘイトはよくしらなかったけれど
人間がここまで残虐になれるものを持っている、、という事がショックだ。
それを突き詰めていく2人が恋におちても不思議でない環境。

ジュリエット・ビノシュは素敵なまろやかさ、母性があるからかな〜?
「ショコラ」にしてもそうだったけれど母である女性の魅力がふんだんに溢れている。
[PR]
by tong22 | 2006-12-23 01:23 | movie

どこか遠くへ行きたい 

もう19日、、。
ちょっとどこかへ行きたいけれど
センチメンタルジャーニー

心の中で旅するしかない
センチメンタルジャーニー
e0077011_18371182.jpg


体がちょっと弱っているときは
温泉かアロママッサージで
癒されたい気分

しかし今はそんな
身分ではない〜〜〜!





それで駅前ロッテリアでコーヒーでbrake.....
[PR]
by tong22 | 2006-12-19 18:38 | life

又見てしまった…SPAIN映画

アレハンドラ・アベナーバル監督特集のひとつ
「テシス 次に私が殺される」

e0077011_20414325.jpg


タイトル
テシス 次に私が殺される
原題/英題
Tesis
監督
アレハンドロ・アメナーバル
出演
アナ・トレント  ←「みつばちのささやき」の名子役が成長
エドゥアルド・ノリエガ ←私のショックな映画「open your eyes」の主演男優
フェレ・マルティネ

すごすぎる…
人の心を信じられなくなる時
複雑に人や自分の心を考えてしまい
落ち込む時には
こういう映画が良い気がする・・
いわゆるショック療法って言う感じで


「信じる」
そのシンプルな心が自分を救うと思う。。。


しかし先日の「海を飛ぶ夢」も同じ監督なのですが
「アザーズ」というニコール・キッドマン主演の秀作も作っている人です。
現代のヒチコックと言われているらしいのですが
現代の怖さってこんなんですか〜〜!!といえるほど怖いです・・
内面に深く入っていないとこういう映画は作れないと思います・・
e0077011_20491985.jpg

・アザーズ

e0077011_20495577.jpg・海を飛ぶ夢


これはまた違う角度ですが良い映画でした




しかし良い映画を見た後は時間をロスしたと思わない充実さです。
[PR]
by tong22 | 2006-12-13 20:59 | movie

光の12月阿佐ヶ谷編


アイディア考えるために駅前のモスまでテクテク

今日は空がきれいで思わずパチリ


e0077011_011401.jpg


帰りの駅前は恒例クリスマスツリー

e0077011_0144788.jpg

e0077011_0151115.jpg










夜はケーブルのフィルムイマジカでスペイン映画【海を飛ぶ夢】をやっていて
ついつい見てしまいました…
この映画の監督は若いのにテーマが重い。。。若いから重いのか?
【open your eyes】にしてもすごいし・・
二つともテーマは【命】かも。
でもこの【海を飛ぶ夢】は見終わった後にとても良いものが残った。
テーマが重いけれど爽やかな登場人物だったからかしら?
これは実話らしい。
私の親友の娘は20歳でこの映画が素晴らしいと言った、というのだけれど
話を聞いてみたいな。どんな視点なんだろう?


[PR]
by tong22 | 2006-12-11 00:37 | life

初心に帰ろう

親知らずの歯茎が炎症で
頭・鼻・耳・のどが痛い

去年も今頃そうだったんだけど
何か理由があるのかな〜?
一年の浄化のように年末時期になると
体調をくずすみたいだ

そんな中、昔の絵のデータが送られてきて
自分でもなんか懐かしかったのでアップします。e0077011_1281430.jpg
もう、ン十年前だね
考えちゃいます。


題名は「台所恋歌」

いつも恋に恋していましたね。
[PR]
by tong22 | 2006-12-06 01:33 | work

光の12月

ある会合で高輪へ
そこから流れて久しぶりの銀座

お誕生日の話になって
マヤ暦でいくと私は
【黄色い倍音の星】

インディアンの名前をもらったようで
ワクワク
like dance with wolves

その意味はどうやら、自分のままで良いという事のよう…(ある意味ね)
自分の人生に関して感じていた事に勇気をもらった気がした





e0077011_2362395.jpg






←4丁目交差点の柱に写るイルミネーション
[PR]
by tong22 | 2006-12-03 23:10 | life